シンプル過ぎた夕食から挽回するために、ミルクレープを作ってみた

今日の夕食は、とてもシンプルにし過ぎてしまったかもしれません。言い換えれば、ちょっと質素すぎたかもしれません。私は、それほどお腹が空いている訳ではなかったため、質素であっても全然何も思わなかったのですが、お腹を空かせて仕事から帰ってきた夫には、申し訳ない気持ちになってしまいました。
優しい夫は、「大丈夫だよ。自分もあまりお腹空いていないから」と言って、不満そうな顔一つせず、夕食を食べてくれました。そんな優しさを受けて、不満を言われるよりも、もっと申し訳ない気持ちになりました。
なんとかして、夫を喜ばせたい、この状況を挽回するため、平日にも関わらず、私はケーキを作りました。クレープを重ねたミルクレープですが、彼の大好きな生クリームで重ね合わせてあるため、彼はとても喜んでいました。
夕食を食べた後でも、まだ満腹ではなかったのでしょう。そのミルクレープを差し出すと、3切れはぺろっと食べてしまいました。ケーキを作った身としては、美味しく食べてもらい、頑張って作った甲斐が感じられました。