日米首脳会談を成功させた阿倍首相の英断が素晴らしかった

先日、日本の阿倍首相が米国のトランプ大統領と首脳会談をしました。トランプ大統領は選挙戦当時から対日貿易赤字や自動車貿易、そして日米安保という日米間の重大な懸案に対して、一国の首脳とは思えない程軽率で急進的な表現をしてきた経緯があります。
各国の首脳がトランプ大統領の過激な性格を煙に巻いて様子見を決め込む中、阿倍首相は自ら大統領の懐に飛び込んでいった形となりました。
首脳会談の結果は従来のオバマ前大統領時代の安保政策を維持し、重大懸案に対しては触れない形でまとまり、大統領が怖い位に手の平返しを見せてきました。
水面下では様々な調整がなされて、今回の日米首脳会談は軟着陸を見せましたが、世界中がトランプ大統領の出方を遠巻きに伺う中、敢えてタフネゴシエーターを自認する大統領の術中に嵌まる危険性を承知の上で信頼関係の構築を一歩前進させた阿倍首相の決断と行動力に感服しました。今回の首脳会談の成功で阿倍首相の国際的な存在感が更に増したと言えるでしょう。